金額の傾向

金額の傾向についてご紹介したいと思います。

最近では、遺品整理をするのに遺品整理業者を頼む人が非常に増えています。この理由ですが、一人暮らしの高齢者が多く、その人が亡くなった場合部屋ではなく家全体を遺品整理しなければならず自分1人ではなかなかできないので遺品整理業者にお願いするケースが増えてきていると言われています。 また残された遺族も高齢であるために満足に遺品整理ができなくなってきておりやはり同様に遺品整理業者にお願いする状況が多くなってきています。 このような状況見れば分かりますように、今後の動向としては、遺品整理業者へ支払う代金は上昇する傾向にあると思われます。

これまでの歴史についてご紹介したいと思います。

遺品整理業者が認知されるようになったのは、ここ10年程度です。日本は本来家族や村と言う単位が非常に強く、冠婚葬祭などでは親戚や村人で協力してやってきました。ですので遺品整理と言う言葉さえ昭和50年代頃まではなかったのです。 しかしながら都会で済む人が増えてまた老人だけの家庭も増え始めた平成10年頃からは、遺品整理に業者をお願いしたいと言う要望が増えてくるようになりました。 その後その要望が多くなるにつれて遺品整理業者という事業が確立するに至ったのです。これが平成15年頃のことです。 さらに高齢化などが加速することにより、平成20年頃には、全国に遺品整理業者が増えてきています。 またマスコミ等に取り上げられ世間一般に対する認知が非常にここ最近は強くなってきてるという歴史もあります。