業者の歴史

遺品整理業者の歴史とは

現在、年間の孤独死人数は3万人いると言われており、これは2040年に20万人にも達すると予想されています。これは、核家族化が原因だと言われています。そのため需要が高まって来はじめた数年前から便利屋の仕事の一部より遺品整理業者が分かれたとされています。 孤独死については実は明確な定義がなく、家族や身寄りがあってもなくても一人で住んでおり無くなれば孤独死といわれる場合や、家族や身寄りがあれば孤立死と呼び孤独死とは言わない場合もあります。しかしどちらの場合でも警察の定義では変死という扱いになります。

今後成長する市場です

人が生まれ死ぬという事は、平等に誰にでも訪れる決まりごとです。生まれたからにはいつかはその生涯を終えるのですから、この業種は必ずといって良い需要があります。 今はそれに時代背景が加わり、ますます遺品整理業者が必要になっていきます。それは晩婚化に伴い生涯を独身で過ごすかもしれない可能性がある、生涯未婚率(正しくは45歳から49歳、50歳から54歳の未婚率の平均値から50歳の時点で結婚した事がない人の割合を示す)を見ると男性は35%女性は27%となっています。 その後も結婚しなかったとすると孤独死の人数は膨大な数となるのです。この事からも遺品整理業者が必要となり、成長していく市場である事が分かると思います。